四緑木星

▼今月の運勢

四緑木星の性格と基本的な運勢

この星を持つ人は、男女共、人当たりが良くて社交性豊かな性質の為、誰からも好かれるでしょう。
周りへの気配りを忘れません。
相手の気持ちを考えながら、お話をするようなタイプが多いです。
しかし、気の迷いが多い為、優柔不断な面もあります。
若いうちに成功のチャンスが多い為、早くから努力をして運をつかむ事ができれば、一生安泰となります。

2014年の運勢

総合運

2014年は、静寂運です。リセットされる運気と思ってください。
2013年まで上り詰めていた運気が安定し、
大きな波が静まり一定の緩やかな波に変わるのです。
気持ちも安定してくるので余裕を持って、受け身の姿勢でいましょう。
それにより、2014年の波に上手に乗っていけるのです。
2013年までの誠意と努力次第では、結果が異なりますが、
タイミングよく、2013年の波に乗れた人は、様々な問題も解決していけるでしょう。

2014年は公私共に、心を落ち着けて、自分の足元を見つめ直してください。
変化を求める事は、極力避けて通る方が無難の過ごせていきます。
これまでにやってきたものの、安全確認とチェックを行なう年です。
物事の定着と維持に撤していきましょう。
2014年の過ごし方で、今後の運気上昇のチャンスを、
「充分に生かせるかどうか」が違ってきます。
この一年間は、開運のための準備期間だと思ってください。
じっくりと計画を立てて、地道に努力をする事が大切になります。
人や物、仕事や愛情に感謝をする事で、今後に大きく変化をもたらします。
感謝の出来る人だけがチャンスを物にできるのです。

2014年は人や物事などに、細かいところにまで気を配り、
自分に関してはゆとりや休息を大切にして、
周囲からの信頼を、確かなものにしていきましょう。
いろんな意味で目立つ事が多いため、時には重荷を背負う事もあるでしょう。
周囲からのプレッシャーを、感じることもあるかもしれません。
物事の見通しが聞くために、何でも出来るような錯覚になります。
しかし、実際は身動きが取りにくく思うようになりません。

何かと変化を求めたくなりますが、
行動を起こすと自己過信によるミスが生じてきます。
冷静さを保ち自分と周囲の状況を、きちんと把握していきましょう。
飛躍を望むあまり自己中心的な態度を、とってしまいがちです。
80%で満足する事が大切です。飛躍を望むよりも基本的なことを重視してください。
2014年は、今後の新しい展開のための「充電期間」です。
勢い余って暴走すると、多くのものを失う恐れがあります。
次の飛躍の時期を待つための年であることを忘れないでください。
自分自身をを見つめ直す大事な時期でもあります。
大きな変化を求めずに、現状維持を保つことです。

仕事や勉強は、努力に努力を重ねてください。
仲間を大切にして、協調性を持って過ごしてください。
人を思いやることで、おのずと道が開けていくのです。
助け合い信頼しあいながら、良い人間関係を築いていきましょう。
地道に努力をする毎日の繰り返しが、後に大きな成果を呼ぶのです。
2014年は自分磨きの年でもあります。
美容・技術・知識・教養など、すべ「ての自分磨きは、
後に、お金では買えない「かけがえのない財産」となって自分に帰ってきます。
必ず強固な自分の宝となります。
将来の財産を蓄える気持ちで、楽しみながら実行しましょう。

転職や独立は充分な計画を立てて 見通しがあるかどうかよく考えてください。
どうしても急がなければならないもの以外の大きな変化は、お勧めできません。

経営者の方は、気を引き締めて今後の方針を決定していきましょう。
それにより、業績を維持してください。
今までに得てきたものを守り、次につなげていくには、
「人から得る信頼」を大切にする事。人間関係を大切にしていきましょう。

2014年は何よりも現状維持が大切です。やがて、チャンスは訪れます。
この一年は慎重に、人間的なスキルアップのための努力をする年なのです。

愛情運

結婚運・復縁運などの愛情運が良好です。今まで、育ててきた愛が実る時です。
お互いが真面目な気持ちであれば、
今までのお付き合いにも進展が出てくるでしょう。喜べる展開に期待をしてもよいでしょう。
そのためにも、謙虚さと明るさを忘れないでください。

2014年に出会った人は、結婚につながる良縁も多いです。
モテ期でもある年ですから、楽しい思いもたくさんできます。
チャンスを最大限に生かしていきましょう。
風の流れに乗るつもりで、付き合いの幅を広げていきましょう。
ただし、相手をよく見ることも肝心です。
また、自分自身を見つめ直すことも必要です。
言いたいことの言える関係でも、2014年は謙虚さを、忘れてはいけません。
自分の中で愛が育つ時です。そのため相手にも多くを求めてしまいがちです。
愛情に見返りを求めてはいけません。
純粋に愛すること、愛してる人がいることに、喜びを得るようにしてください。
相手に自分の愛情に対しての応えを求めることは、自己満足の愛です。

人を愛するということは、見返りや自分を満たすことを望むことではありません。
自分が心から愛した相手のために、妥協や犠牲的精神で尽くすことです。
また、それを自分の喜びに変えることです。
支配欲や独占欲が先に立っては、真実の愛とはいえません。
まずは自分の事よりも、相手の話を聞くように心がけてください。
気持ちが安定を求めているために、自己中止的になりやすい事を忘れないでください。
それにより、あなた自身が誤解されやすいのです。

付き合って間もない人でも、「恋愛=結婚」という気持ちが大きくなってきます。
相手の気持ちをいち早くキャッチして、相手の心を敏感に感じ取る努力をしてください。
「理想の人」=「人生の伴侶」とは、限りませんので、
価値観や人生観など自分にふさわしい人か、きちんと見極めるようにしてください。
気持ちが揺れて、「この相手でいいのか?」と、迷うことも出てくるでしょう。
力まずに、リラックスしてある程度の距離感を持って、
冷静に接することができれば、今まで通りの関係を維持していけるでしょう。

元彼、元彼女との復縁運もあるので、
復活を望むのであれば、この時期を活用しましょう。
また古い友人や、今まで何も感じていなかった周囲の人が、
実は本命の可能性もあります。

結婚運がいいからといって、強固に進めてはいけません。
相手に対し悩める部分があったり、決め手に欠けていたら、
その人は本物ではありません。
今大好きという感情や思い込みだけで、走らないように強い冷静さも必要です。
また、相手の状況等を考えて時期尚早と思えたら、
無理に推し進めることはありません。
本当の相手であれば、時期をずらしても必ず結ばれる日は来ます。
時期を遅らして現状のまま交際を続けることも、
運気が後押しをしてくれるので、良い関係を築いていけます。
更に、相手がその気持ちを察してくれて、絆が今以上に強くなります。

【親しき仲にも礼儀あり】をモットーにして、思いやりと優しさ、
相手を尊重する気持ちを、忘れないようにしてください。
2人の間に素敵な育っていきます。

金 運

金運自体はあまり悪くはないのですが、
静寂運の時期は、大きくお金が動くことはありません。
また大きなお金を動かしてもいけません。
2014年は収支のバランスを、常に考えていく必要がありそうです。
入ってきても出る方が、はるかに多くなる可能性があります。
散財の傾向も見られますので要注意です。
見栄やおだてられて大きな出費の暗示も出ています。

変化を求めて給料の良い話に転職をしても、後悔の暗示も出ています。
また、条件の良さに釣られて欲を出しても、実力が伴わなければ成功はありません。
「利益は仕事についてくるもの」を、肝に銘じてください。
働く前からもらう給料や利益を求めるのは、「良い仕事」ではありません。
給料の良い仕事をするのではなく、
仕事として、自分自身が納得のいく「本当の意味の良い仕事」をしてください。
良い仕事をすることにより、自ずと利益はついて来るものです

大きな借金は絶対に避けてください。
冷静に状況を把握して計画的に行なう事です。
しっかりと財産管理をして、先々に繋がる基礎を作っていく一年だと考えてください。

決して、ギャンブル的な事などで、
「楽に儲かる」「一攫千金」「棚からぼた餅」などと、簡単に考えてはいけません。
株や不動産など投資等に、向いていません。
まして、ギャンブルなどで儲けようなどと、欲を出すと大損をします。

「お金がない」と、声に出すと「負の連鎖」を引き起こし、金運が逃げていきます。
「そのうちに入ってくる」と、気持ちを切り替えて明るく乗り越えましょう。

金運UPの秘訣。【分け与える】を、実行してください。
*自分の持っている知識を分け与える。
*知っている事を、教えてあげて助ける。
*ボランティア活動などに参加する。
など、「徳を積む」ようにしてください。
「徳を積む」というのは、
利害関係や損得勘定を抜きで、人に親切にすることです。
お礼を期待して恩着せがましくなるのは、かえって運気を落としますので要注意です。

ただ落ち込んでばかりいる必要はありません。視点を変えて考えてください。
【最大のピンチこそ、最大のチャンス】です。
ピンチの時こそチャンスがあるのです。見過ごさないようにしてください。

 ★ピンチを見逃さないためのヒント★
*「小さなことからコツコツと」の精神を忘れない。
*順調な時こそ、冷静さを保ち慎重に進める。
*お金に執着をして、本質を見失わない。
*ピンチの時にしか、学ぶことのできない経験がある。

以上に気をつけて、「ピンチをチャンスに」変えていってください。

将来の自分へ向けての、自分投資に使ったお金は、
かけがえのない大きな財産となって返ってきます。
美容・知性・教養・資格取得等にかけたお金は、自分に対しての先行投資です。
このようなお金は、常に「生きたお金の使い方」に、なります。
また、自分磨きのために使うお金は、

2014年の四緑木星との恋愛相性

四緑木星&一白水星 中吉

気が合うのですぐに仲良くなれます。一緒にいると落ち着ける相手でしょう。
お互いに誠実さを忘れないでいれば、とても良好な関係です。
一白水星は四緑木星にとって頼りになる相手ですが、
四緑木星はそれを当たり前と思いがちなので、労わる気持ちを忘れないようにしましょう。
一白水星は四緑木星に対し適切なアドバイザーです。
やきもち等を焼かせて、関係を崩さない努力をしてください。

四緑木星&二黒土星 凶

完全なる理解を望むのが難しい関係です。二黒土星を振り回す結果になります。
お互いに性格や価値観に大きな違いがあり、分かり合うことが困難でしょう。
四緑木星の八方美人的な人の良さが、二黒土星にとって悩みの種になります。
二黒土星は、尽くすことが愛情のように思っています。
それを当たり前と思わず、謙虚な気持ちでいないと関係はうまくいきません。
また、言わなくても通じている・わかってくれるはず・・・
という思い込みは捨てましょう。言葉に発しないと理解は得られません。
大きな違いがありすぎて、詳細を話さないと伝わる相手でありません。

四緑木星&三碧木星 小吉

自然体でいられるもの同士です。
初対面でもリラックスできる良い関係になるでしょう。
とっても魅力的な相手の為、四緑木星が三碧木星を
甘やかしてしまう暗示が出ています。
そこが欠点となり四緑木星にとって、本音が言えない相手になりそうです。
言うべきことをきちんと伝えて、理解してもらう努力をしてください。
大事なこと先送りにしても何も解決しません。
お互いに恋が進展しやすい時なので、誠実でいると幸せをつかめるでしょう。

四緑木星&四緑木星 中吉 

興味や考え方が共感でき、楽しい時間を過ごせるでしょう。
同じ星なので、似た者同士的な部分もあり共感できます。
自然体でいられるもの同士で、穏やかで安定した関係が築けます。
その分マンネリ感を味わうかもしれませんが、その辺を克服できれば長く付き合えます。
特に2013年は、絆を強化できる運気でもあり、迷いの運気もあります。
また、2人の時間を大切にし、些細な口喧嘩にならないようにしましょう。
お互いに大事な事を、うまく言えない欠点を持ち合わせているので、
2人が素直になり心を開き合い、本音で話し合うように心掛けましょう。
大切なことを先延ばしにしては、分かり合えません。

四緑木星&五黄土星 やや凶

優柔不断な面を持ち合わせている四緑木星にとっては、
五黄土星の決断力は魅力の1つでもあり、頼りがいもあります。
また、ワンマンな五黄土星ですが、愛情に対しとても一途で尽くすタイプです。
しかし、本質的にものの見方や感じ方が違います。
共感できる部分が少ないため、完全なる理解を望むのが難しい関係です。
お互いに相手を理解できない為、双方に誤解が生まれやすい関係です。
喧嘩になると、2人の違いが更に表面化し、話が食い違い過ぎて
平行線になりそうです。意見は言葉を選んでハッキリというべきですが、
関係を続けたいのなら、四緑木星から謝る方が収拾が速いでしょう。

四緑木星&六白金星 凶

お互いに性格や価値観に大きな違いがあり、分かり合うことが困難でしょう。
六白金星はプライドが高いので、上から指示を受けるような関係を嫌います。
そこを理解し合わせながら、相手に付いていくことができれば、
関係は安定しますが、六白金星は独自の世界観を持っているので、
四緑木星は、「相手にされていないような孤独感」を味わうかもしれません。
愛されていても、実感が少なく淋しい思いをしそうです。
上手に関係を続けていくには、孤独に耐えながら相手に多くを望まず、
六白金星のプライドを傷つけることのないように、立ててあげるとよいでしょう。

四緑木星&七赤金星 やや凶

社交的な2人の為、表面的な第一印象はお互いに良いでしょう。
しかし、本質的にものの見方や感じ方が違います。
共感できる部分が少ないため、完全なる理解を望むのが難しい関係です。
お互いにプライドが高く、自分の思い通りにならないと不満が溜まるタイプ同士。
お互いに苛立つことが多いでしょう。更に、本人としては悪気は全くないのですが、
大事な約束さえも忘れてしまうのが、七赤金星の特徴なので喧嘩も多いようです。
また、七赤金星は、すべての人に対して平等な優しさを持っていますので、
四緑木星の一途な気持ちに対しても、特別何かをしてくれるわけではありません。
七赤金星は束縛を嫌うので、相手を信じて待つ覚悟が必要な相手です。

四緑木星&八白土星 やや凶

精神的な強さと大きさを持つ八白土星に魅力を感じるでしょう。
四緑木星の優柔不断な部分も受け入れて、初めは尽くしてくれますが、
徐々に八白土星が違和感を感じてきます。
四緑木星の許容範囲と、八白土星の譲れない部分にかなりの差があります。
2人の間に、合わせることのできない距離があるため、
四緑木星が、励まそうと思って褒めた部分も、八白土星にとって
コンプレックスな部分だったりと、タイミングと心の波長が噛合いません。
関係を継続したいなら、八白土星の優しさに甘えすぎないことです。
尽くしてくれることを当然と思ったら関係は終わります。
相手の献身さに甘えず、感謝の心を忘れないことです。
八白土星は、別れると決めたら曲げません。そうなったら修復不可能でしょう。

四緑木星&九紫火星 特大吉

情熱的に盛り上がる運気です。楽しい恋愛ができるでしょう。
お互いに惹かれあう関係です。お互いの感覚が似ているので理解し合えるでしょう。
行動派の九紫火星が持つ知性と決断力は、四緑木星を助けてくれます。
お互いに欠点が表面化しなければ、更に恋愛は盛り上がります。
四緑木星は八方美人にならない事!九紫火星は飽きっぽいので、
こまめな連絡やデートをしないと関係は長続きしません。
また、九紫火星に対して遠慮は無用です。
四緑木星が、自分の心に素直になると更に絆が深まります。

7月の運勢

総合運

過去の努力が実を結ぶでしょう。
今までの試練を乗り越えてきた人だけに、
天からの「ご褒美の恵み」が頂けるでしょう。
好運期を上手に活かす事が出来れば、今後の発展へとつなげていけます。
様々な分野で活発に動くことで、自分自身を成長させる年です。
楽しみながらエンジョイできる月にしてください。

物事には順番があります。
成功するためには、過去の苦しくつらい時期が必要だったのです。

今まで耐えて努力してきたものが実を結ぶでしょう。
直結した成果を望まずに、明るい未来を信じて、
苦労を重ね努力して地盤を固めてきた事が形となって現れてきます。
前に進む時がやってきました。過去の努力の実りの時期なのです。

但し、飛躍を望むあまり自己中心的な態度をとってしまいがちです。
80%で満足する事が大切です。
飛躍を望むよりも基本的なことを重視してください。
運気がよいので、やる気や野心も満ちてくる時ですが、
平凡を心掛けることも肝心です。
また、謙虚さを忘れてはいません。

愛情運

恋多き人になりやすい欠点も持ち合わせています。
様々な人から声がかかるので目移りをしてしまいそうです。
熱しやすく冷めやすい運気のために、
見た目は好みでも価値観が合わずに、
すぐに別れてしまうような結果もあります。
長いお付き合いを、していきたいのであれば、相手の事をよく観察をして、
内面を分かった上での お付き合いがよいでしょう。
勢いで始めると、長続きは期待できない可能性があります。

パートナーのいる人は、
長いお付き合いを続けて、結婚を考えている場合は、
思い切って相手に打ち明けてみると
良い形でまとまる可能性が高いです。
ただし、結婚への道のりは急いではいけません。
結論を急いで話を持ち出しても、良い方向へは進みにくいものです。
「愛とは時間をかけて育てるもの」です。
お互いに穏やかでいられる時間を重ねて、
気持ちを1つにしていきましょう。

金 運

お金を使うことにより、お金が入ってくる運気です。
生きたお金の使い方を上手に行ってください。
また仕事や趣味などを、楽しみながら暮らしていくだけで、
金運が上っていくような運気です。
今月は自己投資にも向いている月です。

社交運や交際運も良いので、出費も増えていきます。
このように、交際費に出費の多い年は、
収支のバランスが崩れやすいのですが、
なぜか、出費に収入が追いついてくるようです。
仕事に対する評価が報酬となって現れたり、
思いがけない収入があったりする運気です。

そのため心配されるのが、気軽にお金を使ってしまうということです。
有頂天から散財すると、トラブルを引き起こす暗示も出ています。
投資や一攫千金狙いのギャンブルに走ったり、
大きな買い物をしたり、多額のクレジットを組むと後悔の原因となります。
目先の利益に走ってはいけません。

今月のラッキーカラー*マリンブルー・ゴールド・イエローグリーン